とうとう始動! 唯一無二の桜井光流サイバーパンク!!

2013年11月20日

ヽ(^◇^*)/


51EvNDCrnLL__SL500_AA300_.jpg


とうとう始動いたしました!
桜井光先生が紡ぎ出す、どこか優しく、それでいて厳しさを内包する物語。


「スチームパンクシリーズ」から、そしてそれ以前から桜井さんのことをご存じの方はもちろん、サイバーパンクってどんなん? という方や、可愛い女の子に懐かれたい願望がある方々、是非お読み下さいませませ。


☆ ☆ ☆


東京ルルイエという都市を舞台に始まった物語。
ストーリーはもちろんですが、積層都市や巨大企業、そのたサイバーパンク独特のガジェットを盛り込んだ世界観をご堪能してもらえると嬉しいです!


すみ兵さんのイラストも魅力的で、女の子は可愛いし、男の子もカッコイイ!!


そんな素敵さの一部でもお伝えできれば、と思っておりましたところ......
とらのあなさんで、特典を作っていただいちゃいました!

マトリクスエッジ_ol.jpg
                                   (イラスト:すみ兵)


華やかでありながら、どこか不穏な空気を感じさせるこのイラスト。
作品の世界観が見事に表現されています。


ある晩、ホラーという化け物退治にでていた主人公/小城・ソーマがとある少女と出会うことで始まる物語。きっても切れない関係になってしまった二人は、一体どうするのか?
昼間は学生、夜は掃除屋(ホラーを狩る職業)という二重生活を営む小城・ソーマの運命やいかに!?


ボーイミーツガールはもちろん、アクションなども多めに盛り込んであります。
桜井さんのお家芸であります、女の子視点の章などもありますよ! 胸がキュンキュンします。

書店さんなどで見かけましたら、是非お手にとってくださいませー(*・人・*)
よろしくお願いします!!


編集部(小)でした!!

 trackback (0)  

!!!!

物語はいよいよ佳境へ! 『憂鬱なヴィランズ4』

編集部(濱)です。


3巻のノーパンハレンチな表紙から一転して漂う幽玄な雰囲気......。
そんな表紙の『憂鬱なヴィランズ4』が先日発売となりました!


書影.jpg


カミツキレイニー先生の『憂鬱なヴィランズ』シリーズも4巻となり、
いよいよ物語は佳境へと入っていきます。
3巻では、<絵本>こと、
ワーストエンド・シリーズ誕生の秘密が明かされましたが、
今巻では、<絵本>の作り手のひとりである
<イラストレーター>が登場!
同じ作り手でも、月夜のように優しくはありません。
残酷です。強敵です。
その<イラストレーター>が持っていたのが、
村瀬一郎が長年捜し求めていた『桃太郎』の<絵本>だったことから
シリーズ中もっとも切ない悲劇の幕が上がります。


『青髭』という危険な本に魅せられた男・村瀬一郎。
月夜チームの攻撃の要でありながら、
自分の目的のためなら味方をも殺しかねないという危うさ。
これまでその行動原理は謎に包まれていましたが、
今巻では、それが明らかになると同時に、
彼の知られざる悲しい過去も描かれます。
その悲しさたるや、
スケベが生きがいのイラストレーター・キムラダイスケ先生が、
スケベ心をどこかに置き忘れてしまうほど。
読まれる前にぜひハンカチのご用意を!


そして、、、、


『憂鬱なヴィランズ』次巻いよいよクライマックス!!!!

 trackback (0)  

!!!!

いよいよ発売いたしました! 『キルぐみ』2巻、座談会3

こんにちわ。編集部(江)です。
先日発売となりました『キルぐみ』2巻!
kiru.jpgのサムネイル画像
 
2巻発売記念座談会のラストはこの表紙にいる少女・三月音子についてお話ししてます!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
江橋:キルぐみ二巻がいよいよ発売されました!
竹内:良かった良かった。
江橋:というわけで、このキルぐみ二巻裏話座談会も今回で最終回なわけですが。
竹内:二巻の話ほとんどしてないんですけどね。一巻の振り返りばっかりで。
江橋:まあ、ね。ネタバレとか、いろいろあるから、ね。
竹内:制作秘話とかも、そんなにわざわざ話すほどなかったし。
江橋:まあ、ね。締め切り大変だったからね、竹内さんがね。
竹内:一巻の振り返りと言っても中身のあることほとんど話してないですしね。
江橋:もっと私が積極的に聞いていけばいいんですかね?
竹内:そりゃそうですよ。もっと引き出してくださいよ。
江橋:でも、聞いても答えてくれなかったりしますよね?
竹内:疲れてたりするとね。
江橋:じゃあ聞きたくねえよこっちも。
竹内:いや、まあ、嘘です。まとめて話すのが苦手なんです。すみません。
江橋:じゃあ今回は私が積極的に聞いていきますので、どうか面倒臭がらずに答えてくれますね?
竹内:できるだけ、がんばる。
江橋:はい。それじゃあ今回は、いよいよ二巻の表紙の女の子、三月音子と、彼女の着ているキグルミについて語っていただけましたら。
竹内:この作品にはおでこの眼鏡っ子が必要なんですよ。
江橋:はい。
竹内:だから出しました。
江橋:え、意味がわからない。
竹内:あとがきにも少しだけ書いたんですけど、お話の流れ上どうしても必要だったんです。おでこの眼鏡っ子が。あと小さくてドジなのが。
江橋:......竹内さんの趣味じゃなくて?
竹内:趣味もあるけど。
江橋:前巻で竜胆凛が一番好きって言ってませんでしたっけ?
竹内:竜胆超好き。超カワイイ。
江橋:......三月音子は?
竹内:超カワイイ。大好き。愛くるしい。
江橋:同じ事言ってますけど。
竹内:どっちも同じくらい好きなんですよ。どっちかだけなんて選べやしませんよ。御無体ですよ。
江橋:......まあ好きにして下さい。
竹内:そうします。
江橋:で、その三月音子が今回新キャラクターということで。彼女もキグルミ達の殺し合いに巻き込まれてしまいます。
竹内:迷惑な話ですよね―。
江橋:で、そんな中、彼女が出会ったキグルミというのが、表紙に描かれている、この機械みたいなやつですね。
竹内:名前は作中で出てきます。最初は「鉄の頭」とか「白衣」とか呼ばれてるんじゃなかったかな。
江橋:でしたね。で、この「白衣」はどんなキグルミなんですか?
竹内:こいつは。メカですよ。
江橋:メカですか。
竹内:着ている人の思い通り、自由に部品やパーツが組み替えられて様々な形に変形できるという夢の様なメカです。変形ロボです。サイバトロンです。
江橋:他作品の単語出すのやめてもらっていいですか。
竹内:能力というか「特性」なんですが、こいつは自在な変形もさることながら、体の中に秘密があります。
江橋:もう秘密だらけですけどね、この作品。
竹内:そういう言い方すると悪く聞こえますよ。よした方がいいですよ。こいつは、体の中に「兵士」を数多く備えていて、そいつを前進させることが出来ます。
江橋:メカなのに体の中に手下がいる、と。
竹内:まあその辺はほっといてもらえますか。
江橋:出水ぽすか先生のイラストがまた良いですね。やっぱり悪者っぽくて。
竹内:悪者の方がかっこいいですからね、デザインって。トゲとかいっぱいつけられるし。キバとか。
江橋:この表紙には、トゲもキバも描かれていませんがね。
竹内:例えですよ、うるさいな。でもこの「話通じなさそうな感じ」はホント、最高だと思います。大好き。
江橋:確かに会話できなさそうですね。
竹内:ガスマスクっぽいのしてるからですね。声出せなそう。
江橋:あ、会話できないってそういう意味だったんですか?
竹内:どっちもです。
江橋:あれ、ひょっとしてですが、僕の質問に答えるのめんどくさくなってきました?
竹内:よくわかりましたね(感心)。
江橋:じゃあもうこれで締めますけどなにか言い残したことなどあれば。
竹内:疑問なんですが、この座談会を一巻の頃から始めて、座談会読んだよ、という人にまだ一度も会ったことがないのですが、どなたか読んでらっしゃるのでしょうか?
江橋:いるけど言ってないだけじゃないんですか? 特に言うこともないから。
竹内:あ、そうなの。それはすみませんでした。
江橋:キルぐみ二巻は現在発売中です。よろしくお願いします!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
座談会は1巻の頃から数えると6回目ですが、若干バックグラウンドに触れられるようになってきました・・・・・・。(次こそはもっと核心に触れねば)
 
また次回ありましたらお付き合い頂けますと嬉しいです!
 
今回の出水ぽすか先生のラフはこちら!
8.jpg
このラフは2巻挿絵(7枚目)になるはずだった幻のラフです。
 
それでは『キルぐみ』2巻、何卒よろしくお願い致します!!

 trackback (0)  

!!!!

魔法被害を経費で落とす!? セブンスホールの魔女、本日発売!

2013年11月19日


編集部(S)です。


「セブンスホールの魔女」

本日発売されました!


著者は、ガガガ文庫初登場となる池田朝佳さん!


イラストは、こちらも初登場となるふゆの春秋さんです!


思えば、この企画も打ち合わせの時に


「怪物を倒すのが民間企業とか面白くない?」


という雑談から生まれたのが、この作品なんです!


そんな思いつきがまさかここまでくるとは思ってもみませんでした・・・。なんでも考えてみるものですね!


民間企業が怪物退治? どうゆうこと? と思ったアナタ! 今すぐ本を手にとって見てください!!


可愛らしい女の子たちが、持てる力を振り絞って怪物たちに立ち向かう姿は萌え燃えで、必ず満足していただけるはずです。


「セブンスホールの魔女」よろしくお願いします!!

セブンスホール.jpg

 trackback (0)  

!!!!

ここガ知りたい! ガガガ特捜部11月刊~編集部ログ編~

人間だれしも得意なことがあると思います。
僕なんかは、鼻で二本同時にタバコが吸えます。


それで、この間インフルエンザの予防接種にいったんですが、お医者さんに
「君、タバコ吸う?」って急に聞かれて、「はい」って答えたら


「君の寿命5年縮んだね」


って。


え? タバコが吸えなくなったら、自慢できることなくなっちゃうよ!!
どうにかせねば!!


という訳で、今回の質問はこちらです!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
=============================================================================

なんで、自己紹介のときって、絶対と言っていいくらい「特技」を聞かれるのでしょうか。
そんな人に自慢できる程のものなんてありゃあしませんよ! 先生方は特技を聞かれたら
なんてこたえますか? 教えてください!

=============================================================================


こちらを送ってくれたのは栃木県の「ブルベリガイ」さん17歳。ありがとうございます!!


それでは!ここだけでしか見ることができない、
ガ報11月刊[ここガ知りたい!ガガガ特捜部]に載せきれなかった
先生方(※敬称略)の回答をご紹介します!!


■赤月カケヤ
寝入りの早さ。寝ると決めてから平均1分で眠れます。


■明坂つづり
桂小枝のモノマネができます。(事後の沈黙にもちゃんと耐えられます)


■浅井ラボ
「素晴らしい人間に好かれ、邪悪な人物に嫌われるのが特技です」と言って、相手になにも言えなくさせる小賢しさ。


■荒川 工
自慢に聞こえてアレですが、女性から恋愛対象外とされることにかけては図抜けています。


■新木 伸
多数決を取ると、ほぼ確実に少数派のほうに入ります。


■犬村小六
飲酒。


■池田朝佳
大人になればなるほど、特技ってなくなっていく気がしますが、道に迷うことにかけては、未だに胸を張れます(負の特技)。


■石川あまね
永六輔のモノマネ(顔がけっこう似ている)。


■大桑八代
タイピングがそこそこ速いこと......と答えたいんですが、最近だいぶなまってます。


■大谷 久
特技は奇虫を素手で触れることです。毒や噛んだりしなければわりとなんでもいけます。


■川岸殴魚
昔、バイトをしていたので、かなりのスピードでモスバーガーを作ることができます。


■カミツキレイニー
割り箸の袋で四羽繋がった鶴が折れますが、見た目気持ち悪く、だいたい引かれるので人には言いません。


■仮名堂アレ
「とくぎ(に)ありません」
と答えます。「とくぎ」と「とくに」を混ぜて発音するのがポイントです。
まあ、だいだいスルーされますけどね。


■陸 凡鳥
マッハ5で空を飛べます。


■小木君人
「特技はありません」です。胸を張って答えれば大丈夫です。多分。


■近村英一
子どもと仲良くなるのが得意です。頭の中が子供なので。


■賽目和七
特技はなんちゃって美容師。
8年に渡るセルフカットのおかげで、人の髪も安定して切れるようになりました。男限定ですけれど。


■桜井 光
特技は【お料理】【伝奇】【パンク】です! とちょっとゲームのスキル風に言っている自分を想像してホワッとしました......。


■白都くろの
パソコンのキーボードを打つ音が大きいことです。大きいことはいいことだ!


■砂義出雲
めしをまずそうに食うことにかけては右に出る者はいないとよく言われますが、基本的に役に立つことはありません。


■高岡杉成
ツイッターで夢日記をつけ続けているうちに、(ほぼ)毎日自分の夢を覚えていられる体質になりました。


■竹林七草
いつでもどこでも寝れることです。これが意外と大事なスキルなんですよ。......終電もよく乗り過ごしますが


■手島史詞
UCまでのモビルスーツの名前をおおむね全部言えます。(キリッ


■手代木正太郎
四つん這いになって4本足で走るのが、物凄く早いです。


■鳥村居子
あんしんパパの声ではじめてのチュウが歌えます。(役に立たない)


■なかひろ
特技と趣味はなにが違うのか悩んだ記憶があります。第二の趣味くらいの考えでいいのかなと。


■はせがわみやび
「得意な技能」じゃなくて「特異な技能」を訊かれているのですよ。
なので、苦手なことを特技だと言い張るのが簡単な対処法だったり。
泳げないならば「沈没技能1級を持っています!」と。
まあ、クラス内ヒエラルキーも沈むかもしれませんが。
ちなみに私は「つまづき技能1級」でございます。
そりゃもう、段差が1センチあれば転べますとも。
友人たちは怖がって私の傍を歩こうとしない......。


■藤原たすく
インコ(特にオカメインコ)を一瞬でメロメロにしてみせますよ。


■水市 恵
股関節が柔らかいので、脚を頭の後ろに持っていけるという特技があるのですが、自己紹介の場で言うとドン引きされるので、無難に「平泳ぎ」とでも言うと思います。


■水口敬文
もうすっかり錆びついているので、学生時代は、という条件付きですが、ピアノ。十年以上習っていたので、そこそこ弾けました。


■水沢 夢
そう聞いてきた人に、「フッ......俺の能力は、相手の技を完璧にコピーすることだ。さあ、貴様の特技を見せてみろ」と返すのがコツです。


■本岡冬成
どんなに周りが盛り上がっていても、一人心を閉ざして『ぼっち』になれる孤高の戦
士の技を持っています。


■森田季節
夏も冬もクーラーをつけずに過ごしてます。今年の夏も生き抜きました。


■森月朝文
目を閉じたまま、くるくる林檎の皮むきが出来ます


■山川 進
ルービックキューブ。やり込んでいた頃は30秒で6面揃えたり、片手で回して6面揃えたりしていました。足の指で6面揃えようとして足がつったのは良い思い出。

 trackback (0)  

!!!!

『キルぐみ』2巻、発売間近!『キルぐみ』座談会その2

2013年11月18日

こんにちわ! 編集部(江)です!
kiru.jpgのサムネイル画像
発売が明日に迫った『キルぐみ』2巻を記念した裏話座談会の2回目です!
今回はヒロインのパートナーキグルミについて話してます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
江橋:座談会第二回です。
竹内:どうもすみませんでした。
江橋:毎回謝ってますね。
竹内:金曜日(15日)に更新するとガガガツイッターに呟かせておきながら、座談会に行かなくてすみませんでした。
江橋:それは謝ってください。
竹内:誠に申し訳ありませんでした。
江橋:座談会の更新を楽しみにしてらっしゃる読者様に申し訳ないと思わないのですか。
竹内:思います。ごめんなさい。
江橋:竹内さんを今か今かと待っていた私に悪いと思わないのですか。
竹内:それは思わないなあ。
江橋:何で!
竹内:今か今かとは待ってなかったでしょ? 自分の仕事してたから。
江橋:......確かに。
竹内:謝罪を強要しないでくださいよ。こっちが悪いのにつけこんで。
江橋:すみませんでした。
竹内:わかればよろしい。
江橋:......納得いかないなあ。
竹内:とっとと第二回始めましょう。何を話せばいいんでしたっけ?
江橋:『キルぐみ大百科』ですよ。登場人物たちのパートナーであるキグルミ達の紹介をするんです。
竹内:わかりました。じゃあ、やります。
江橋:じゃあ、ってなんですか。前回は主人公の相棒であるサイクの紹介をしましたので、今回は、主人公・大垣内歩とサイクの仲間である、逆木原赤糸のキグルミを紹介しましょう。
竹内:わかりました。ボンですね。一巻の表紙のやつ。
江橋:そうです。出水ぽすか先生のイラストが素晴らしい一巻は好評発売中です。
竹内:お求めはこちらからどうぞ(リンク)。
江橋:リンク、じゃないんですよ。早くボンの紹介しましょう。
竹内:えー、こいつは骨のキグルミですね。物凄い初期の構想では、主人公の仲間ではなく敵と言うか、ラスボスのつもりで考えてました。
江橋:ラスボスが骨、ってまた安易ですね。
竹内:安易の何が悪いんですか?安易最高ですよ。ひねくれて設定に凝れば凝るほど寒いことになるんですから。あの作品とかあの作品とか。
江橋:あくまで個人の意見ですよね?
竹内:そうです。で、いろいろ考えた結果、一番敵っぽい奴が一番の味方ってカッコいい! と思って、味方にしました。
江橋:ブレまくってますね。
竹内:でも敵が味方になるって昔からワクワクするじゃないですか? 『幽☆遊☆白書』の飛影とか飛影とか。
江橋:敵だった時代の描写があればね? これ、ないですよね。
竹内:聞かなかったことにしよう。
江橋:おい。
竹内:能力、『特性』についていうと、相手の命を奪って自分の残機を増やせるってことですね。
江橋:倒した相手の数だけ、自分が死んでも生き返れるわけですね。
竹内:主人公が剣なので、仲間は盾にしたかったんですよね。で、盾なら思いっきりチートな盾にしようと思って、死んでも生き返る盾にしようとしたらこうなりました。
江橋:無敵じゃないですか。バトルの緊張感が出なくなりませんか?
竹内:出なくなりますよ。だからこいつらあんまり出番増やしたくないんですよ。
江橋:自分で考えておいて!
竹内:倒した相手の命を骨としてストックできる、という設定を、出水ぽすか先生がストックをマントにするという素晴らしいアイデアに描いてくれましたので随分と話が拡がりました。ありがとうございます。
江橋:色々と推敲を重ねて今のキャラクターたちがいるんですよね。
竹内:初期のボンは可愛かったですよね。マントがない頃。虫歯菌みたいで。あれも大好きなんですけど。
江橋:やっぱり怖いデザインが重要ってことですよね。一番敵キャラっぽいのが仲間になるわけだから。
竹内:そうですね。これからラノベ作家になろうと考えてらっしゃる方に言いたいのは、安易を恐れるな! ということです!
江橋:なんですかいきなり。
竹内:いや、急に不安になったもので。力強く言っておいたら名言ぽくなるかな、と思って。
江橋:話の流れがむちゃくちゃですよ。もう、ボンの紹介は終わりなんですか?
竹内:ボンの声は中田譲治さんで脳内再生して下さい。お願いします。
江橋:いたたたた。
竹内:うるせー! 自由じゃないか!
江橋:次回はいよいよ二巻の表紙の子の紹介ですか。
竹内:そうですね。俺が座談会に現れれば、の話ですが。
江橋:いや、来いよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こうして見るとキグルミ1体1体に作中では描ききれない設定も沢山あるのがわかりますね。
存在自体が謎。みたいなキグルミのいるとかいないとか?
 
それでは出水ぽすか先生のラフ公開です!
つばさ.jpg

これは何のラフだと思いますか?
それは明日発売の『キルぐみ』2巻で明らかになります!
 
それではよろしくお願い致します!!

 trackback (0)  

!!!!

『殺戮のマトリクスエッジ』発売三日前!!!!!!!!!!

2013年11月16日

ですね!!
51EvNDCrnLL__SL500_AA300_.jpg

というわけで!
今回は、『殺戮のマトリクスエッジ』の著者:桜井光先生のことをご紹介させていただきましょう!


今さらながら、桜井 光とは何者か? 


ご存じの方も多いでしょうが、桜井さんはもともとライアーソフトという、PCゲームの老舗にて「スチームパンクシリーズ」のメインライターを勤められていた方です。


なにを隠そう、私(小)が桜井さんを知ったのも、そのゲームがあったからこそでして......。
つい最近までただの一ファンでした、みたいな。汗
まさか、一緒に仕事ができるようになるなんて......。依頼のにOKの返事が来た時にはテンションが相当上がりました。


それ以前から、ライターの仕事をたくさんされている方なので、私などより桜井さんのファンを長年続けていらっしゃる方々がたくさんいるのではないでしょうか。


最近ではコンプティークさんで『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』の執筆をされていたり、小説の方でも活躍の場を広げている桜井さん。
......今後はもっといろいろな活動をされるようですよ!


色々なところで桜井さんに会える!!


さて、桜井さんのお仕事につきましては、ご本人の公式サイトをご覧になるのが一番かと思いますので、誘導してしまいます~。
まだオープンしたてですよ! 
いまのうちにブックマークしておけば、いつか「あーあのサイト? オープン当時から見てたわ~」とか自慢できるかも......?

↓↓↓
http://sakuraihikaru.com/ 
ちょうど昨日くらいにオープンした模様ですぜ!!)


twitterなどでも活発に活動をしてらっしゃる桜井さんですが、ネットストーキングをしていると驚異のリプライ率......。執筆などをこなしながら、一体いつやっているのか、と恐怖すら感じる瞬間がございました。(冷や汗)
ファンサービスに関しては、付け入るすきがない!


SFが好きで、TRPGが好きで、実はアメコミも好き、という桜井さん。
打ち合わせの時には、たいていその辺りの話で盛り上がり、元の目的を見失うと言うこともしばしば......あったりなかったり?


『殺戮のマトリクスエッジ』には、そんな桜井さんの「好き」がたくさん詰まっております。


打ち合わせ時に


「宝箱みたいな作品を作ろう!」


といって始めたこの作品。


ぜひ、楽しんでいただければ幸いです!
発売までもう少し。


よろしくお願いします~。
編集部(小)でした!

 trackback (0)  

!!!!

『殺戮のマトリクスエッジ』発売まで、あと5日!!

2013年11月14日

『殺戮のマトリクスエッジ』


51EvNDCrnLL__SL500_AA300_.jpg


......あらすじを見ていると、聞きなれない言葉がいくつか出てくるのでは。
なかでも、一番気になるのは「サイバーパンク」という言葉。


さてさて、サイバーパンクとは何ぞや。
という方もいらっしゃるのでは? 


ただ、「サイバーパンクとは何か」みたいな定義付けをしているとキリがないので、今回は「サイバーパンクってこんな作品」という辺りを少しご紹介できれば。
その方がイメージしやすそうですし!


最近で言いますとアニメの『サイコパス』辺りがサイバーパンクでした。
小説とかだと『ニンジャスレイヤー』とかがここ最近は一番メジャーですね!


サイバーパンクは、設定などもかっこいいのですが、灰色と緑の入り混じるカラーイメージも含めて、かっこいいのです。


色つながりでいくと『攻殻機動隊』であったり『マトリックス』であったり......この辺りは分かりやすく「サイバーパンク」という名を冠して紹介しやすい作品です。
『ブレードランナー』......もサイバーパンクですね!


この辺りは、もはや誰しもが認める名作! 


そもそもサイバーパンクといえばウイリアム・ギブスン先生の『ニューロマンサー』(映画化の話はどこへ行ったのか......。)やブルース・スターリング先生の『スキズ・マトリックス』あたりが有名なのではないかと思います。(日本だと80年~90年代代あたりかな? 流行ったのは)
そもそもの始まりがこの二人から、というのが定説です。


サイバーパンクといえば、真っ先に思いつくのが「電脳空間」とかその辺りのワードなのですが、上記の二作品でも系統が分かれていて、電脳空間(サイバースペース)が出てくるものは、なんとなくギブスン先生よりの作品だと思います。


さて、電脳空間というと、なんだかよくわからない気もしますが、基本的には今見ているパソコンの画面の中にそのまま意識を潜らせていくようなイメージです。


ちなみに、先ほど名前を出した『スキズ・マトリックス』なんかは、そういう電脳的な要素が一切でてきません。
コンピューターとか機械絡みの先進技術が、研究者の間だけでなくて一般市民にも出回っているような社会を舞台にした作品を総して「サイバーパンク」といっているのではないか、と言うのが私の個人的な感想です。
機械義肢とか、生体強化手術とか!


個人的に大好きな『ハードワイヤード』とか『重力が衰えるとき』とかはそんな方向のサイバーパンクです。


『殺戮のマトリクスエッジ』はこうしたサイバーパンクを全体的に強く意識した作品になっております。
だから電脳も出るし、機械義肢だってでます!!


なんといっても、この辺りの話で盛り上がりながら打ち合わせをしておりますので!


記事内にでてきた作品を少しでも「好きだなあ」と思えた方々にはお勧めの(手前味噌過ぎるか?)作品です!!
是非手にとって見てくださいな!


発売まであと5日!
書店さんに並ぶのが待ち遠しい!


編集部(小)でした!!

 trackback (0)  

!!!!

11月19日発売「俺ガイル⑧」店舗特典&限定版情報

2013年11月12日

いよいよ......
 
来たる、11月19日に、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」

⑧巻、 & ⑧巻イラスト集付き限定特装版が発売、
 
 
今回は、通常版とイラスト集付き限定特装版の2冊が同時発売なんですね~
 
 
blog1oregairu.jpg

 

ということで!
 
 
今回は、どこよりも早くイラストつき限定版の内容と
 

店舗特典のお知らせです。
 
  
 
 
 

まずは、イラスト集付き限定特装版。
こちら、厚紙でできたスリーブの中に限定表紙の文庫本、そしてオールカラーのイラスト集、
2冊が入っている仕様です。

blog2oregairu2.jpg
 
 こんな感じ。

スリーブから出すと......
 
 
blog3oregaiu.jpg



2冊、出てきましたね。

ここで注目!!!!通常版とは別バージョンの表紙、
そして、ぽんかん⑧先生描き下ろしのイラスト集の表紙!!!!

気になる、イラスト集の中身は......


ちょっとだけ
 
 blog5oregairu5.jpg
 
チラっ
  
blog6oregairu6.jpg
 
チラっ 
  
blog7oregaiu7.jpg 
 
  
今回アンソロイラストを頂いたゲストイラストレーターの方々は、
 
春夏冬ゆう先生、春日歩先生、珈琲貴族先生、nauribon先生、深崎暮人先生。(50音順)
 
 
超豪華!!!!!
 
 
  
そして、今巻もやります。店舗特典。

とらのあな様
掛け替えブックカバー
 
 
blogoregairutoranoana.jpg
  

  
アニメイト様
イラストブロマイド
 
 
bloganimate.jpg
 
 
アニブロゲーマーズ様
掛け替えブックカバー

blogoregairuanibro.jpg
  

また、書泉ブックマート様でも、何かやって頂くかも!
ということで、是非
「俺ガイル」
⑧巻、 ⑧巻イラスト集付き限定特装版をよろしくお願いいたします。
 
  

 trackback (0)  

!!!!

キルぐみ2巻発売前に恒例?編集と作家の座談会~1回目~

2013年11月 8日

こんばんは! 編集部(江)です。

2巻が11月19日に発売です!
kiru.jpg

1巻発売前に裏話と称した座談会を掲載したのですが、おそらく好評頂けていたのではないかと思いこんで、
今回もやらせて頂きます! 許してください!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
江橋:さあ!『キルぐみ』2巻がいよいよ発売されますね!
竹内:本当に申し訳ありませんでした。
江橋:......またですか。
竹内:原稿が遅れて関係者各位様には大変ご迷惑をおかけしまして。
江橋:1巻の発売の時にも同じこと謝ってましたよ。
竹内:ええ、はい。
江橋:2巻でも同じことをするということは、あの時の反省が嘘だった、ということになりますよね?
竹内:嘘ではないんですよ。あの時は本当に心の底から反省していますから。
江橋:それじゃあ、なんで今回もまた原稿が遅れてしまったんですか?
竹内:反省はしたけれど、すっかり忘れてしまったんですね。
江橋:やめてしまえ、そんな薄っぺらい反省。
竹内:本当に申し訳ありませんでした。
江橋:この言葉もいずれ忘れられてしまうのかと思うと、時間の無駄だと思わざるをえませんね。
竹内:いや、本当に。全くですな。同感です。
江橋:......『キルぐみ』の話をしましょう!さて、2巻は一体どんなお話になっていますか?
竹内:そうですね、1巻の続きとなっております。
江橋:普通はそうじゃないかな。2巻って。
竹内:1巻の時に出て来たあのキャラクター達が、またぞろぞろと出てきますよ。
江橋:安心しました。あと、ぞろぞろって言い方は良くないですね。『キルぐみ』2巻の魅力を語って

いただきたいんですが......。
竹内:あとはですね、女の子が可愛いです。
江橋:確かに。魅力的なキャラがまた新たに増えましたね。
竹内:あと、絵が上手。
江橋:それは竹内さんではなく、出水ぽすか先生ですよね?
竹内:あと、文庫だから小さい。
江橋:それ2巻関係ないですね。ガガガ文庫全般に言えますね。
竹内:そんなとこかな。
江橋:えっ終わり?
竹内:あとはあれですよ。可愛いキグルミ達がポカスカ叩き合いをします。
江橋:詳しくは、読んでみて、ということですね?
竹内:じゃあ、それで。
江橋:チッ。では、2巻ということで、前回から登場しているレギュラーキグルミの能力のおさらいを

していきたいと思うのですが!
竹内:今舌打ちしなかった?
江橋:『キルぐみ』の世界では、個性豊かなキグルミ達が多数登場しますが、彼らはそれぞれ『特性』

と呼ばれる武器や能力を身につけていますよね。前巻を読んでくださった方にも、今巻も読もうと思っ

てくださってる方にも、今一度『特性』の解説を竹内さんの方からしていただけたらなあ、と思います

ので、よろしくお願いします!
竹内:舌打ちしましたよね?
江橋:では、『キルぐみ』2巻発売記念企画「キグルミ大百科(だいひゃっか)」の始まりです!記念

すべき第一回は、やはり主人公、大垣内歩のキグルミ、サイクでいきたいと思います!
竹内:......はい。サイクですね。えー、彼の『特性』は、「額の大きな目」ですね。これがレーダーに

なっていて、集中して精度を上げれば周りの状況や敵の居場所なんかも捉えることができます。まあ、

基本的にビビリで戦いをなるべく避けたいと思ってるサイクにはピッタリの『特性』なんじゃないでし

ょうか。あと武器として、左手から伸びる三本の爪がありますね。これ、どんな硬いものでも簡単に斬

ってしまいます。
江橋:どんな硬いものでも!
竹内:ええ、斬れぬものなどあんまり、ない!ですよ。
江橋:聞いたことありますね、どっかで。斬れないものも、あるってことですね?
竹内:そうですね。湯葉が。
江橋:湯葉?
竹内:はい。どんなものでも斬ってしまうんですが、唯一、湯葉だけ斬れないんです。
江橋:やっぱりどっかで聞いたことあるな。
竹内:気のせいですよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いかがでしたでしょうか。テンションだけは伝わってると思いますが・・・・・・。
きっとこちらがメインになるのかな!
恒例の出水ぽすか先生のラフ公開です~!
ラフなど (1).JPG

このキャラは
「三月音子」と書いて「みけねこ」といいます!
カバーイラストの少女ですね!
おでこかわいい!!

発売日までに何度か更新しますので、次も見ていただければ嬉しいです。
 
『キルぐみ』よろしくお願い致します!!

 trackback (0)  

!!!!