「とある飛空士への恋歌」3巻はハンパない盛り上がり……!

2009年10月23日

 ……と、人気作におんぶにだっこで新作宣伝です。
 あ、いや、ちゃんと「恋歌3」情報はCM(?)のあとでお送りしますよ☆
 
■CM1
『うかつに復活!! 邪神大沼2』
 
 1巻発売前に、「この本に全精力を注げ! 次は考えるな!」と著者に無茶振りしたにも拘わらず、続刊が出てしまいました。お口の恋人「邪神大沼」です。著者のブログに「2巻の無事発売を祈念してカレーを断つ」と書かれていたので、さっそく打ち合わせでカレーを食べさせたりしましたが、無事発売されております。
 
 この世には神も仏もないのか……!
 
 いやまあ、そういう問題ではなく、担当編集者が交通事故に遭おうとも発売日は守られるのです。世の理です>小木君人先生
 
 ……面白いかどうかはさておき。
 
 業界筋からは大絶賛だった1巻、読者の皆様には「大爆笑」「微苦笑」「微妙」「絵がいいですね」など様々な反響をいただきました。2巻ではさらに爆笑していただくべく、最善を尽くしています。
 そのために今回は、折り込みの「ガ報」にも企画進出してしまいました!
 パクリ企画で安易に笑いを取ろうとした報いか、打ち合わせ、ロケハン、撮影など思いの外時間がかかってしまいました。疲れました。しかし、この企画にはなんと、大人気お笑いコントユニットTHE GEESE(ザ・ギース)のお二人にもご協力いただいています! 著者のコネを最大限に利用しています! 1巻にサインまでもらってしまい、プレゼント! 狙え漁夫の利!
 お知り合いにTHE GEESEの大ファンがいましたら、是非このことをお伝えください。1日に3人のファンに伝えないと著者が鶏肉のカシューナッツ炒めを断って呪うそうです(ウソ)。
 応募締め切りは11月末日です!
 
 
■CM2
『ラ・のべつまくなし ブンガクくんと腐思議の国』
 
『七夕ペンタゴンは恋にむかない』から5か月。かつてないスピード(注:当社比)で壱月龍一先生の新作が登場です!
 
 前回のブログが嘘にならなくて本当によかった……!
 という担当編集の感動はさておき、今回もまた変則的な青春モノでお届けしています。
 そもそもこの企画、「七夕ペンタゴン」と同時に受け取り、「両方いいからどっちもやりましょう!」と進めていたものなのですが、この一年の間に似たような作品が出ること出ること……!
 しかし、「七夕ペンタゴン」を読んでくださった方はわかるかと思いますが、壱月先生の本質はそこにはありません! 甘酸っぱい恋愛作品をご所望のかた、是非ご一読ください!
 
 ちなみに。著者はこの作品を書くにあたり、さまざまな取材を敢行したらしいのですが、『ちんつぶ』の話をしたら「……??」となっていました。
「まだまだだね!」(笑)
 
 
 さて、冒頭で書いた「恋歌3」のことを少し。
 12月発売に決まり、原稿もクライマックスに向かっているのですが、途中まで読んだだけで「……!!」。
 声も上げられないくらいの、驚きの連続です。
 
 こいつはヤバい。
 
 展開も予想がつかず……。
 ご期待ください!
 
 
 ……と書いていたら、田中ロミオ先生からサイン会のサイン色紙が届いていました!
 おかげさまで整理券は数日で捌けてしまったようですが、本日秋葉原のとらのあなさんで開催される「AURAサイン会」に参加される皆さん、よろしくお願いします!
 
 最後まで人気作におんぶにだっこ。(ぐ)でした。

 trackback (0)  

!!!!

自殺癖少年、ふたたび!

『クイックセーブ&ロード2』絶賛発売中でございます。


自殺をくり返して世界を救う少年の推理ストーリー、続編の登場です。 
一巻は「投身自殺」のオンパレードでしたが、
今回は、果敢にも「拳銃自殺」「服毒自殺」などにチャレンジして事件解決を試みます。
一体何回死ねば彼の人生は救われるのでしょうか……。

なお、この物語はフィクションですので、読者の皆様は決してマネしないでくださいね。


人生は一度きり。
命あっての物種です。
いつかたまには良いこともある。
きっとあると思いますよ……。


鮎川先生との打ち合わせでは、いつもそんな感じでお互いを励ましあっています。

(m)

 trackback (0)  

!!!!

神田の夜

51AtmZdxLTL._SL160_AA115_.jpg
山田です。

先日、今月『ハムレット・シンドローム』を刊行された樺山三英先生と早川書房で樺山先生を担当されている編集者の塩澤さんと3人で食事をしました(そのあとなぜか「IKKI」に『ディエンビエンフー』を連載中のマンガ家・西島大介先生も合流)。

お三方とも長くおつきあいさせていただいていますが、
いろいろお話をしていて、時の流れを感じました。
塩澤さんのかわいいかわいいお子さんの写真とかを見て(笑)。

樺山さんと最初にお会いしたのは高田馬場のルノアールで行われた某読書会だったはずですが、
いやあ…いっしょに本をつくることになるとは当時は夢にも思いませんでした。
昔から異彩を放ってらしたんですけどね。
『ハムレット・シンドローム』も何かやろうという話をはじめてした打ちあわせから2年くらい経ったかなあ。


さて、今月25日発売の「SFマガジン」に樺山さんの短編小説が掲載されます。
ご興味のあるかたはそちらもどうぞ。
ありがたいことに、『ハムレット・シンドローム』もすこし紹介していただいた(?)ようです(未確認)。
べつに時期を合わせようという話をしていたわけではないんですけどね。
むしろ…(ごにょごにょ)…すみませんでした!(謎)

えーと、とくにオチはありません。

なぜなら……
SFが好きなひとなら知らないひとはいない編集者・塩澤さんに本の感想をいただければなと思っていたところ
「ごめん、まだ読んでない」
と言われて玉砕したからです(笑)。

ちなみにオチる/オチないというのは『ハムレット・シンドローム』の作中ではとっても大事なポイントだったりするんですけど、まあまあ、なかなかぐだぐだなエントリもこのへんで!

『ハムレット・シンドローム』、よろしくお願いします!

 trackback (0)  

!!!!

されど罪人は竜と踊る⑧発売です!!

2009年10月21日

編集部・湯浅です。
        
『されど罪人は竜と踊る⑧ Nowhere Here』が発売になりました!
これは、前巻につづく悲劇の少女アナピヤ編の後編、完結編です。
書店でもう見てもらえましたか?
お気づきのかたも多いんじゃないかな思いますが、
カバー絵が、前巻とつながっているのです!
7巻を左に、8巻を右にピッタリくっつけて並べて見てください。
背景に描かれている竜は、物語のカギを握る〈長命竜〉ムブロフスカ。
がつんと胸を打つ、激しい悲劇。
7巻、8巻そろえて気合い入れて、読んでください!!

 trackback (0)  

!!!!

ここが知りたい! ガガガ特捜部 ~編集部ログ編~

2009年10月20日

今月もガ報10月刊[ここガ知りたい! ガガガ特捜部]に載せきれなかった先生方の回答を編集部ログにて掲載します!!


今回、質問を送ってくれたのは、静岡県にお住まいの、富士子さん31歳。


富士子さん、質問を送ってくれて、ありがとうございます!


富士子さんからの質問はコレっ!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

私はまんがが大好きで、部屋は漫喫みたいになっています。先生方はコミックスを何冊くらいお持ちですか?また一番好きなまんがを教えてください。


それでは先生方(※敬称略)からの回答をご覧ください。どうぞ!!!!!!!


●浅井ラボ
引っ越しのときに処分して300冊くらいです。一番と言うなら『NERVOUSBREAKDOWN』でしょうか。


●鮎川 歩
500冊くらい。皆川亮二『ARMS』。 


●荒川 工
正確に数えたことはないですが、3000冊ほど……?


●有沢まみず
う~ん、数えたことがないので分からないのですが、200~300冊くらいでしょうか?好きなのは多すぎて決められないです(笑)。


●壱月龍一
ちゃんと数えたことはないですが、たぶん1000冊以上はありそうです。一番というのは選びがたいんですが、思い入れコミで『ドラえもん』でしょうか。最近月1で藤子・F・不二雄先生の大全集が届くのでホクホクしております。


●犬村小六
たぶん100冊くらい。一番好きなのは漫画版『風の谷のナウシカ』。3巻、クシャナ殿下率いるトルメキア第三軍の攻城砲台殲滅シーンが圧巻どころか失禁もの。全ての作り手から自信を奪い去ります。最近では「ちはやふる」。一巻冒頭「お願い誰も 息をしないで」に鳥肌立った。


●一柳 凪
たくさん(床が抜けそうなくらい)。一番好きなまんがは船戸明里さんの『Under the Rose』。読み返すたびに泣けます。


●大泉りか
数えたことはありませんがコミックスの数はおそらく200冊くらい?一番好きな漫画は岡崎京子の『へルター・スケルター』あと友人のドルショック竹下先生が最近『セックス・ダイエット』という実用漫画を出したのでそれを参考にダイエットに励みたいと思ってます。


●仮名堂アレ
約500冊。一番好きなまんがはドラえもん。ちょうど『藤子・F・不二雄大全集』が刊行されていますしね。


●香月紗江子
本棚に収納しきれないので、コミックスは大分減らして現在10~20冊。一番好きな漫画は決められません!ゆうきまさみ先生の『究極超人あ~る』『機動警察パトレイバー』、由貴香織里先生の『伯爵カインシリーズ』『天使禁猟区』、永久保貴一先生の『カルラ舞うシリーズ』などがお気に入りです。


●川岸殴魚
42冊くらいです。マンガは好きなのですが、その都度処分しているので、数は少ないです。好きなマンガは『グラップラー刃牙』(全42巻)です。


●陸 凡鳥
3000冊ちょっと。家人から「マンガの重みで床が抜ける」と怒られたので、だいぶ減りました。好きなコミックはうすた京介先生の『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!マサルさん』。これを読んで人生のレールを踏み外しました(良い意味で)。


●小木君人
だいたいですが1000冊くらいです。一番好きな漫画といわれると難しいですが、『びんちょうタン』は全巻2冊ずつ持ってます。


●桜 こう
400冊くらい。手塚治虫さんの著作群は外せません。『火の鳥』、『アドルフに告ぐ』、『ブッダ』、etc、etc……。壮大なロマンにメロメロです。でも今は松本トモキさんの『プラナス・ガール』の絆ちゃん(男)のかわいさにメロメロです。


●Jさいろー
1000くらい。『釣れんボーイ』いましろたかし。


●武田無我(ストーリーライダーズ)
コミックスはそんなに持ってません。ただ、集める時は一巻を買わないという主義だけは通しています。DVDも一作目は買わず、2作目だけを買います。理由はありません。強いていえば、1巻がないという致命的感が好きなのかもしれません。好きなマンガは、北斗の拳です。もちろん1巻は持ってませんが……。


●谷崎央佳
1000冊。一番好きなマンガは『絶対可憐チルドレン』です。


●ツカサ
正直、把握できていません。たぶん200~300冊ぐらいかと。衛藤ヒロユキ先生の『魔法陣グルグル』です。小学生の頃に読んで以来、大好きです。


●中里 十
600冊くらいです。『ワイルド7』が一番好きです。これぞまんが! という感じで。


●中村九郎
100冊程度保有。二宮ひかる『ハネムーンサラダ』、大好きです。


●はせがわみやび
まんがは、わたしも大好きです。コミックスは……数えるのが怖くて数えていません。たぶん、小説の倍はあるはずで、だから、5000冊以上、10000冊未満というところだと思います。1万は越えてない……と思う、たぶん。ちょっと覚悟はしておけっていう。一番好きな、という質問はとても困ります。まんがはえり好みなくなんでも好きです。たくさんありすぎて全部書いたら何十行にもなってしまう。SFもファンタジーもミステリも学園モノも、長編も読みきりも四コマもみんな好きです。きりがないので、ここ1年ほどの間よく読んでいるまんが、に絞ってみました。『神のみぞ知るセカイ』『ハヤテのごとく!』『絶対可憐チルドレン』あたりかなぁ。好きで何度も読んでいます。ノベライズまでしっかり読んでます。わはは。


●羽谷ユウスケ
巻数全て合計で186冊最近ハマっているのはIKKIの『海獣の子供』です。生まれ変わるなら海洋性哺乳類になりたい。


●原田宇陀児
マンガはどれも大好きなので何が一番ということはできません。ただ、原稿を書いていると不思議といつも、荒木飛呂彦先生の作品と浦沢直樹先生の『MASTERキートン』が頭に浮かびます。本能的にリスペクトしているんでしょうね。


●原田源五郎
漫画は20冊くらい持っています。一番好きな漫画は寄生獣です。


●深見 真
昔は漫画もたくさん持っていたんですが、今は資料や小説の方が多いです。漫画は200冊くらいか。一番好きな漫画は当然拙著『ヤングガン・カルナバル』の漫画版です(宣伝)。


●蕪木統文
数えたことないのでわかりませんが本棚ひとつ分くらいはあると思います。


●古川 耕
わりとすぐ処分するほうなので、たぶん200冊前後くらいだと思います。一番好きなまんが、というより一番興奮したマンガは連載を追っかけてたころの『スラムダンク』です。


●水市 恵
200~300冊程度だと思います。家族と共有財産にしているので所有権が曖昧ですが。好きな漫画はいがらしみきお先生の『ぼのぼの』。他は『スヌーピー』や『ドラえもん』など。最近の作品だと断トツで『嘘喰い』です。


●瑞智士記
約100冊。一番好きな漫画士郎正宗『攻殻機動隊』。学生時代にこの作品に出会っていなければ、今の自分はなかっただろうな、と確信しています。そのくらい影響を受けました。


●山川 進
500冊くらい? 実家の本棚はマンガがびっしり詰まっています。好きなマンガは『炎の転校生』。


●ゆずはらとしゆき
スライド式の本棚を買って、部屋中に積んでいた本を入れて数えてみたところ、漫画は400冊くらいでした。一番好きな漫画は、林静一さんの『ph4.5 グッピーは死なない』ですが、『バイオレンスジャック』『裂けた旅券』『蜃気郎』になることもあります。


●渡 航
ざっと2500冊くらいでしょうか。現在も増殖中で場所の確保に困っています。一番好きなのは定番ですが手塚治虫でしょうか。『奇子』とか黒くてエロくてとても好きな作品です。


というわけで、今回は先生方が所有しているコミックスの数と、好きなまんがを教えて頂きました! もしかしたら、これがキッカケで、好きだったまんがをノベライズ! なんて話もあるかもしれませんね。
それでは、次回もお楽しみください!

 trackback (0)  

!!!!

GAGAGA WIRE を更新しました

ガガ文庫編集部(ミ)です。

ガガガ文庫公式サイト「GAGAGA WIRE」を更新しました!
  
20091020.jpg

「新刊情報」に10月新刊の試し読みリンクなどを更新しました!
http://www.gagaga-lululu.jp/gagaga/newrelease/
  
「刊行予定」の11月刊・12月刊情報を更新しました!
http://www.gagaga-lululu.jp/gagaga/release/

『されど罪人は竜と踊る』特設サイトも更新!!
saredo_DD
http://www.gagaga-lululu.jp/gagaga/lineup/DD/index.html

 trackback (0)  

!!!!

大泉りか先生に公開羞恥質問プレイパート3

2009年10月19日

part3syoei.gif
 
 

編集部(☆)です。
10月刊の
 
 
『サディスティック 88パート3』、本日発売です。
 
と、いうわけで
恒例になってきました質問プレイです。
 
Q1
今回は催眠プレイ(?)が出てきますが、催眠術が出来たら何をしたい?

自分に睡眠をかけて原稿をサクサクと……。
 
Q2
作中で一番思い入れのあるキャラは?

みなそれぞれに思い入れはありますが、
一番エッチをしてみたいのは楓ちゃんかなー。

Q3
エッチなシーンのアイデアが湧くのはどんなとき?

自分がしてみたいエッチを想像して書くことが多いです。
あと、している最中に、「あ、このプレイはこれ使える」
とか「今のセリフを使わせてもらおう」とかもあります。
 

Q4
最近いちばん恥ずかしかったことを公開して下さい。

※※を、※※で※してしまったこと。
実は※※だったんだよねーと、誤魔化しました。
(※、編集部検閲により削除)
 
Q5
見どころ含め読者へのメッセージを
 
1巻2巻から、さらにエスカレートした結と楓ちゃんの哲太いじり(セクハラ?)と
豚さんのエゴマゾっぷり、そして、紫の因縁の対決とコメディー・エッチ・シリアスと
一粒でいろいろ美味しい仕上がりです。ぜひともお召し上がりくださいませ!


大泉先生ありがとうございました!

『サディスティック88 パート3』発売中です。お願い致します~

 trackback (0)  

!!!!

GAGAGA WIRE を更新しました

2009年10月 1日

ガガガ文庫編集部(ミ)です。
ガガガ文庫公式サイト「GAGAGA WIRE」を更新しました!

20091001.jpg

トップページを更新しました!
http://www.gagaga-lululu.jp/gagaga/

10月刊のあらすじとキャラクター紹介、11月刊情報を更新しました。
http://www.gagaga-lululu.jp/gagaga/release/

 trackback (0)  

!!!!