今日発売です!&樺薫インタビュー(2)

2007年8月17日

どもー。あついですね。ひたすらに。
ガガガ文庫、8月刊は今日発売です! 『グレンラガン』ノベライズはムックともども出足がとてもよいようですが(ありがとうございます!)、ほかの本も手にとってみていただけるとうれしいです。

では予告どおり樺氏のインタビュー後編をお送りします。
-------------
――メイドさんが好きなのですか? また、好きな場合、どういったメイドさんがもっとも好ましいですか?
 
樺 好きですが、普通です。むしろ色黒長身眼鏡、とかが好物です。
 
――好きなメイド喫茶、よく行くメイド喫茶はありますか。
 
樺 喫茶サクライ。
 いえ、あんまりいかないです。夏場にあの格好でビラ配ってるメイドさんとか見ると頭が下がります。
 
――「本物のメイド」が重んじるとされる職業道徳(?)「メイド道徳」という設定の由来はどこにありますか? なにか参考にされたもの、着想の手がかりとなったものがあれば教えてください。
 
樺 由来としては武士道です。
 ただ、武士道ってのはまあ実はかっちりしたあれでもないので、適当に。
 あと、新撰組は意識しました。
 
――そういえば主人公のメイド・エヴォニイはセイロン島(スリランカ)出身ですが、この設定の由来は?
 
樺 某登場人物のモデルの人と縁深い土地なので。
 あとはまあ、主人公は異人にしておいたほうが話が回し易いよなあ、と。
 
――スリランカといえば、軌道エレベータはお好きですか?
 
樺 ラダム獣が出そうで怖いです。
 見も蓋もないへりくつ大発明の感があって、好きです。
 
――この作品のサブタイトルは「メイドVS名探偵」であり、内容的にはメイドが探偵の活躍を妨害するお話です。つまり、メイドを主人公にした「反-探偵小説」だと言えると思いますが、樺さんの探偵小説(ミステリ)観、好きなミステリ作家、作品があれば教えてください。また、その理由も。
 
樺 謎があって解決がある、ような気にさせ続ける小説、ではないでしょうか。
 
 徐々に徐々に話を入り組ませていって、最後の最後にその複雑さに対応するだけの入り組んだ別の話をぶつける。そういう複雑さの対消滅とでも言うべきカタルシスと、話が入り組んでいっている気にさせる誘導、それが恐らくはミステリの本質であって、今回はそのようなカタルシスと誘導の双方を脱臼させることを目指しました。謎は入り組まないし、解決編にその説明の複雑さに由来するカタルシスはありません(元ネタを知っていればニヤリと出来るかとは思いますが)。であっても、面白い小説は存在しうるし、そういう小説を書いたつもりです。ジャンルに依拠しつつジャンル特性を引き算することでフィクションの剥き身へアプローチしようとした、と言いますか。
 
 まあそんな大層なものでもありません。入り組んだトリックを追いかけるよりはゆるゆると馬鹿馬鹿しい小ネタを見せたいかなあ、というくらいです。フィクションてのは、究極的には馬鹿馬鹿しい小話なのだと思います。笑えて、驚けて、そしてちょっぴり真実のかおりのする。
 
――世界恐慌の余波を受けてメイドが激減し、探偵が活躍する(本格ミステリが隆盛する)1930年代、第一次大戦後のイギリスを舞台にした理由を教えてください。
 
樺 ひとつの社会階層が消滅する、というのは結構な大事件だな、と思いまして。
 戦間期本格探偵小説の勃興、というのはむしろアメリカ中心の話なのですが、最初の世界大戦の影響が大西洋の東ではメイドの消滅、西では本格探偵小説の勃興として出た、というのは面白いな、と。なので、アーノルドにはアメリカに行ってもらいました。
 イギリスにおける探偵小説の勃興はビクトリア女王の長い治世の末ごろになります。メイドと名探偵の交代、という現象は、ならばあると言っていいだろう。
 で、その交代が不可逆と言える所まで推し進められるタイミングはやはりメイドの激減した戦間期になるのかな、と。
 
――この作品は、ミステリだけれども殺人事件が起こらない「日常の謎」(?)タイプに類する「コージーミステリ」(?)かなあと思いますが、殺人事件を登場させなかったことには何か意図や意味がありますか?
 
樺 人を殺して読者の感情を揺さぶろう、というのはなんだかさもしい根性だな、と思ったもので。
 そういう考えでミステリっぽいものを書くのははたしてどうなのかとは自分でも思いますが、まあ、第一作くらいは潔くいきたいかなあ、と。 
 次からはばんばか殺します。
 
――好きな「名探偵」はいますか?
 
樺 レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウは大好きです。というか、テリー・レノックスとの組み合わせが。
 エヴィの身長6フィート強は、マーロウから頂きました。
 
――樺さんの探偵小説ベスト3を教えてください。また、その理由も。
 

・レイモンド・チャンドラー『長いお別れ』
 一本筋の通った解決への道筋はあるんだけれど、それはまあどっちかって言うとゆるくて、寄り道するように語られるエピソードが際限なく美しい、という、ある意味創作の理想です。
 前に述べたとおり、エヴィの身長はフィリップ・マーロウからいただきました。
 
・笠井潔『バイバイ、エンジェル』
 端正な本格探偵小説、なんですが、中々どうして語られる動機と作中の殺人事件に落差があって、なにか、単純にしっくりとはいかない趣があります。パズル的であることの外に探偵小説の探偵小説たる根拠を求める倫理性が語りの緩急における完璧な結構を呼び込んだ、とでも言いますか。これでいいはずはないけれどこうでなければいけない、という。
 
・清涼院流水『コズミック』
 特に前半の密室卿の犯行が綴られているあたりがたまりません。
 ミステリで全体小説を志向して、ある程度以上それに成功しているな、という感触があります。全体小説は社会の全体を描き出そうとするわけですが、社会の全ての項を拾い上げていては原稿用紙が何枚あっても足りない、という困難があります。この困難は社会の各項から普遍的な部分を抽出して、それをいじくりまわす形で回避するのが常道ですが、ここで抽出される普遍性が、密室そしてそこでの殺人という、まさにミステリ的な要素である、というあたり、どこをどうやって思いついたものか、もうわけがわかりません。
 
――この作品にはとあるSF作家を参考にしたらしいキャラクターが出てきますが、樺さんのSFベスト3を教えてください。また、その理由も。
 
樺 ベスト3って言われると難しいですね。
・ハーラン・エリスン『世界の中心で愛を叫んだけもの』
 アメリカニューウェーブSFの特攻隊長・ハーラン・エリスンの唯一の邦訳短編集。表題作は『新世紀エヴァンゲリオン』から『世界の中心で、愛を叫ぶ』までまあ、色々引用されている名タイトル。
 一番好きなのは、前書き。センチメンタルで勢いがあって。
 収録作品もどれもいいけれど小品「不死鳥」がまとまりがよくて好き。
 
・アーサー・C・クラーク『幼年期の終わり』
 クラークでどれか、と聞かれたらこれ。人類の来し方行末、という、SFの大本流をスペキュラティブに扱った古典。
 バイコヌールの上空をUFOがゆく切ないオープニングもさることながら青春の奢りを伝えるラストシーンが大好きです。
 
・古橋秀之《ケイオスヘキサ》シリーズ
 古橋秀之先生の電撃ゲーム小説大賞第二回大賞受賞作『ブラックロッド』にはじまる、オカルト・サイバーパンク三部作。
 現代日本SF史というのはつまり『幼年期の終わり』の変奏の歴史である、ととりあえずは言うことが出来て、そうなると光瀬龍『百億の昼と千億の夜』と小松左京『果てしなき流れの果てに』が二つの、二股の道のそれぞれ最初に打ち立てられた里程標として考えられるわけですが、この二股の道の交点に『ブライトライツ・ホーリーランド』は位置していると思います。ライトノベルってこんなことやってもよかったんだ、と思わせてくれた大傑作。
 『ブラックロッド』の高密度で洗練されたスタイルには驚愕しましたし、切ない青春SFの傑作『ブラッドジャケット』は何度読み返したか分りません。
 
――樺さんは時代小説もお好きなようですが、時代小説ベスト3を教えてください。
 

・荒山徹「柳生大戦争」
 単行本未収録作品ですが。
 朝鮮・柳生・捏造・ホモという荒山先生の四大要素がぎっしりつまった最新作にして最高傑作だと思います。これだけノリノリで嘘がつけたらなあ。荒山先生の嘘には分厚い教養の後ろ盾があるので、自分はまだまだだなあ精進しなければ、と。
 
・隆慶一郎『柳生非情剣』
 一貫して自由を追求し続けた作家・隆慶一郎が描く、柳生一族に題を取った短編集。
 柳生宗矩の兄・柳生五郎右衛門を取り上げた「逆風の太刀」の小早川秀秋が、かわかっこいいです。はた迷惑な自由をこれだけ爽やかに称揚できるのってすごい。「俺の藩だ。俺が潰して何が悪い」は一度は言ってみたい台詞。
 
・藤沢周平『三屋清左衛門残日録』
 潘の用人を隠居した三屋清左衛門が出会う、事件の数々を描いた連作短編。
 苦い人情話をしっとりと描き出す、気恥ずかしいくらいに上質な時代小説です。
 
――先達に追いつけるいうがんばってください。最後に、今後の執筆活動への意気込みをお願いします。
 
樺 適宜、頑張ります。

 trackback (0)  

!!!!

樺薫インタビュー(1)

2007年8月16日

どもです。

ガガガ文庫8月刊の発売日はいよいよ明日です。コミケに行かれる方も行かない方も、ぜひ書店さんに立ち寄ってお買い求めください。

えー、では、昨日予告していたとおり、『めいたん メイドVS名探偵』でデビューする樺薫氏のメールインタビュー前編をお送りします。後半は重めなのですが、こちらは軽めです。

------------
――まずは本ができてみての感想を。

樺 え、これで出ちゃうの?
 え、え、うわ、マジで?
 ちょ、わ、怖いなあ……。
 総合的に、入試の結果発表待ってるみたいな気分です。

――創作を始めたのは何歳のころですか?

樺 小学校高学年、かなあ。

――幼年期、青年期において感銘を受けた作品をそれぞれ教えてください。


・幼年期
 んー、なんだろう、スーザン・バーレイ『わすれられないおくりもの』とか。
・青年期
 同世代のご多分に漏れず、『新世紀エヴァンゲリオン』。一時期、友人達との会話の大半は『エヴァ』からの引用でした。
 白倉由美先生のリーディングストーリー。その後色々あったのもいい勉強になりました。
 
――執筆のスタイル(一日の時間の使い方)はどんな感じですか?

樺 用事がなければ机には一日中向かってます。原稿を書いているとは限りません。静かだと集中できないのでTVは大体ついてます。
 誘惑は大変多く、気もそぞろになりがちなので、イカン、と思ったらノートPCかついで自転車で近所のファミレスへ行ってそこで執筆します。

――この作品を書こうと思ったきっかけは? インスピレーションを受けた作品などありましたら教えてください。

樺 早見裕司先生の『メイド刑事』シリーズと隆慶一郎先生の諸作品を平行して読んでいたところ、こら合体させられそうだなあ、と。

――小説を書いていく上で参考になったものはありますか。

樺 えーと、特には。資料には少しあたりましたが。 

――自分の作品が実際に文庫になっていく過程で感じたことを教えてください。

樺 いや、本てのは編集さんが作ってんだなあ、としみじみ。
 工程の管理から諸々の部門との折衝まで全部編集さんがやってるんだもんなあと感心しました。

――デビュー前と後で何か変わったことは?

樺 えー、憧れの中村九郎先生と飲めたことくらい?
 多分今後色々変わってくるんでしょうが、今はまだ。

 trackback (0)  

!!!!

『めいたん』まえがき

2007年8月15日

どうもです。最近やたらと暑いですね。みなさま、お身体の調子はいかがでしょうか。
ガガガ文庫、8月刊の発売日が迫って参りました(今月の発売日は17日ですよ)。
『天元突破グレンラガン』のノベライズを含む(ちなみに『グレン』は公式ムックも同日発売ですので合わせてお買い求めください!!!)全5冊です。よろしくお願いします。

で、ですね、その8月刊行分のうちの1冊となる『めいたん メイドVS名探偵』でデビューする樺薫(かんば・かおる)氏に作品のイントロダクションとなる「まえがき」を書いていただきました。
こいつ誰? ですとか、なんか気になるタイトルだけどどういう作品なんだろう? とお思いの方々(あるいはまったく興味ない方も)、「まえがき」をお読みいただきまして、実際に本を手に取っていただければ、僕も樺氏も嬉しいです。明日から2回にわたって、樺氏のメールインタビューもお届けする予定です。

作中に登場する「メイド道徳」の生みの親・シゾウ夫人の正体がここで明らかに!
……では、お読みくださいー。
--------------------------
 はじめまして。樺薫と申します。
 
 このたび、ガガガ文庫からお声掛けをいただき、こうして『めいたん メイドvs名探偵』を上梓させていただける運びとなりました。ちなみにこのタイトルは編集の山田氏によるもので、私が提案した『メイドVS名探偵 史上最大の戦い』は即座に却下されました、正解だと思いました。
 
 さて。
 
 この小説は、19世紀には女性の社会進出の大部分を占めていた家事労働者が、1920年代以降には激減していった、という歴史的な事実に着想しています。
 
 第一次世界大戦、アメリカに明確に世界の覇権が移った、あの、世界が経験した最初の総力戦のあと、戦勝国とはいえ多大な犠牲を払ったイギリスで、ひっそりと姿を消していく、家事使用人というトライブ。
 
 時代の影に消えていくトライブ!
 
 でらろまんてぃっく!
 
 そこで、ヴィクトリア朝ではなく、ジョージ5世統治下のイギリスを舞台にメイドの活躍を描く、という結構ありそうでない感じの舞台設定になりました。
 
 さて、19世紀までは有効だったものの20世紀へ向けて有効性を失い、消えていったトライブ、と言えば、我が国の武士がまさにそれ、なわけでして、これとこれはうまいこと悪魔合体させられんじゃねえかな、と思いついたのが運のつき。まるで知識のない1930年代イギリスを舞台に小説を書く苦労を背負い込むハメになりました。その苦労が見事に作品に結実した、かどうかは、読者の皆様に判断していただきたく。頑張りました。
 
 そんなメイドと重ねあわされる武士ですが、生半の武士では説得力がありません。誰がいいだろう、と考えた時、イギリスって薩長側の援助をしていたわけだから、幕府軍としてはヴィクトリア女王の一人も暗殺しておきたいよなあ、などということを思いついてしまいました。そう思ってみれば、いるじゃないですか、五稜郭の幕府軍に、暗殺なれした一流の剣士、誰よりも武士らしくあろうとしたリアルラストサムライが!
 
 土方歳三が!
 
 そんなわけで、実は女だった土方歳三に、イギリスへ密航して、メイド道を完成させてもらいました。
 
 しかし、メイドと武士という滅び行くトライブのイメージを重ね合わせるだけでは、ちと弱い。なんとなれば、メイドがメイドである以上お屋敷で働きはするわけですし、それではヴィクトリア朝のメイドを描いたのと大して変わりはしないということになってしまいます。
 
 そこで、20世紀的な輩に出てきてもらってこれと対比してやるのはどうだろう、と思い立ちました。戦間期に勃興した、20世紀的な文芸形式、といえば、本格探偵小説に他ならないでしょう。
 
 かくて、新撰組の道統を汲むメイドさんとアメリカ帰りのタフな名探偵がイギリスの片田舎のお屋敷でイヤミを言い合う、というなんとも言いがたいこの小説が出来上がりました。
 
 ところで、この時期のイギリスでは、それぞれ宇宙開発とコンピュータサイエンスに多大な概念的な貢献をする事になる後の偉大な知性が、その多感な少年時代を送っておりました。そこで、メイドさんをその片方の家に押し込んでみました。
 
 実はこの二人にはその20世紀的な学問領域への概念的な貢献以外にひとつ共通点があって、この共通点が小説の根幹のネタに関わってきます。この二人の関係が大きく変化する箇所は、この小説の最大の読みどころかと思います。
 
 と言いますか、何故か一番ノリノリで書きました。
 
 傑作かどうかはさておき、ちょっと他にない感じの小説に仕上がっている感触を作者としては抱いております。
 
 よろしくご笑覧ください。

 trackback (0)  

!!!!

イラストの持ち込み

2007年8月12日

編集部・湯浅です。
 
今まで受け付けて来ましたイラストの持ち込みを
終了させていただきます。
皆さん、多数のもちこみありがとうございました。
今後は、編集部宛に送っていただく方法のみで
イラストを受け付けます。
皆さん、どんどん送ってください!
 
http://gagaga-lululu.jp/gagaga/illust/index.html

 trackback (0)  

!!!!

新刊情報・刊行予定ページを更新しました

2007年8月10日

ガガガ文庫編集部(ミ)です。
   
ガガガ文庫公式サイト「GAGAGA WIRE」に
8月刊情報とその後の刊行予定ページを更新しました。
 
gagaga_flash200708.gif
 
●新刊情報
http://www.gagaga-lululu.jp/gagaga/newrelease/
 
●刊行予定
http://www.gagaga-lululu.jp/gagaga/release/
 
 
それからこちらでの報告がまだだったのですが
イラストレーターさん募集の告知を更新してあります!
 
●イラスト大募集
http://www.gagaga-lululu.jp/gagaga/illust/index.html
 

 trackback (0)  

!!!!

グレンラガンの夏!!

2007年8月 4日

編集部・湯浅です。

大変にご無沙汰です。
         
8月17日に、ガガガ文庫から、
小説『天元突破グレンラガン①』と、
ヴィジュアルムック『天元突破グレンラガン 基礎工事編~BASIC DRILL』
が同時刊行されます。
         
小説は、「グレンラガン」のシリーズ構成・中島かずきさんの監修のもと、
脚本担当の砂山蔵澄さんが執筆。
「アニメに入りきらなかったエピソードがたくさんある!!」という
脚本家の方々のもったいない話に編集部が食いつきまして、
絶対小説じゃなきゃできない「グレンラガン」が実現しました。
もちろん今回刊行の『①』にも未公開エピソード入っています。
          
ムック『天元突破グレンラガン 基礎工事編~BASIC DRILL』は、
ズバリ、濃い!!
TV放送版とDVD収録版2種類がある、第6話の徹底解説!
そして、衝撃の第8話「あばよ、ダチ公」の絵コンテ完全収録!
ズシリとした読み応えの“男のムック”です。
             
で、明日、8月5日にグレンラガン公式ファンイベント
「夏だ!ドリルだ!グレンラガン祭!!」が行われます。
すでに参加応募は締め切られたいますが、
物販ブースは、イベント招待ハガキを持ってない方でも
ご利用いただけます。
         
会場は、
九段会館(東京)
東京都千代田区九段南1-6-5
http://www.kudankaikan.or.jp/access/
            
物販開始は13時を予定してます。
是非、出かけてみてください!

 trackback (0)  

!!!!